フィルムカメラでお勉強(準備編)|Canon EOS 55
さて、わくわくを抑えられずにレンズを装着しました。 EF-Sレンズは使えないということで、単焦点の「EF50mm F1.8 II」を付けました。
Canonは元々60Dを持っていて、標準ズームレンズの「EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS II」とこの単焦点レンズしか持っていませんでした。 フィルムカメラとは特別な物で全く別物だ、と思っていたので、手持ちのレンズが使えることにすら驚いてしまうほど無知でした。
いよいよフィルムを入れます。 フィルムについての知識もほぼ皆無です。 豊岡市日高町の「松岡写真館」さんでフィルムを買って、いろいろと教えていただきました。 ご親切にありがとうございました。 ひとまず今回は27枚撮りです。 27枚。 シャッターを押す1回1回が、これまでとは全く違いそうです。
裏面を開けるとフィルムを入れるところが見えます。 小さいころを思い出して懐かしい気持ちにもなりました。
カチッとはめこんでフィルムを伸ばします。 あとは蓋を閉めると完了。 蓋を閉めた後、またシャッターを押した後に、昔のカメラみたいに「ジーコジーコ」とフィルムを巻かなくてもいいのですね。 なにもかもが新鮮で激しく楽しい時間です。
液晶の左下にフィルムのマークが出ればオッケー、とお店から聞いていたので、これで大丈夫そうです。 もう衝動が抑えられない。 すぐに写真を撮りに出発しました。

フッター広告