Rubyのインストール方法(Windows)
RubyをWindowsにインストールした時の流れを記します。 操作は自己責任でお願い致します。

Rubyのインストール方法(Windows)

Ruby公式サイトへアクセス

下記URLをクリックして、Rubyの公式サイトへアクセスします。 http://rubyinstaller.org/

ダウンロードページへ移動

上記リンクからRubyの公式サイトへアクセスをしたら、そこに表示されている[Download]ボタンをクリックします。 ruby

Rubyの最新版をダウンロード

下の画像のページヘ移動しますので、Ruby最新版のリンクをクリックします。 64bitOSの場合は、(×64)と記載されている方をクリックして下さい。 ruby2

ダウンロードしたRubyのファイルを実行する

ダウンロードが完了したら、そのダウンロードしたファイルをダブルクリックし、プログラムを実行します。 そうするとRubyのインストールが開始されますが、一点だけ注意点があります。 下の画像をみてもらうと分かりやすいですが、「Rubyの実行ファイルへ環境変数PATHを設定する」という項目にチェックを入れます。 あとはウィンドウ下の[インストール]ボタンをクリックします。 ruby3 キャプチャ 上の画像のような表示になればインストール完了です。お疲れ様でした。

Rubyのインストールが成功しているか確認

最後に、ちゃんとRubyがインストールされているか確認をしてみましょう。 まずはコマンドプロンプトを立ち上げます。 【画面左下にあるWindowsのスタートメニューから起動する場合】 1.[スタートメニュー]の中から[すべてのプログラム]をクリック 2.[アクセサリ]をクリック 3.[コマンドプロンプト]をクリック コマンドプロンプトの起動直後は、なんらかのコマンド入力を待っている状態になっています。 (カーソルが点滅している) そこに下記コマンドを入力します。 ruby -v そして[Enter]キーを押します。 下の画像のような表示が出れば、ちゃんとRubyがインストールされています。 ruby4

そもそもRubyをインストールすることが必要だった理由

今回Rubyが必要になった理由は、WEBサイトの構築においてSASSを利用する環境を構築したかったからです。 これまで変なこだわりがあり、HTMLもCSSもほとんどソフトに頼らず入力するという行為をしてきましたが、ちょっと考えを改めることにしました。 ちょっと手を出すのが遅れてしまいましたが、SASSに関する情報も今後上げていきたいと思います。 ちなみに今回の参考図書はこちらです。 尊敬するWEBデザイナーにすすめられました本ですが、このシリーズはとても分かりやすいです。 ありがたや。

フッター広告