自然とともに - 豊岡市日高町 –
ONE POINT-わんぽ畑 ガラン どさどさっ・・・ ONE POINT-わんぽ畑 そうび:ぐんて ONE POINT-わんぽ畑 そうび:ヒラキのくつ そうび:タンスのおくのジーンズ そうび:ヒラキのパーカー アイテム:せっかい くわ いどう・・・ザッザッザ ONE POINT-わんぽ畑 はたけー! 遠くに「八丁ビル」も見えます。 自営業、一人暮らし、畑、自然な流れですね。 「老後か」と言われることもしばしば・・・。 でも土に触れるからこそ分かること、そこからひらめくこともきっとあるはず。 全くの無知からのスタートです。 最初の一歩もまったくわからず・・・。 とりあえず「知り合いのおっちゃん」や「うちのばぁちゃん」に聞いたところ、まずは「石灰」をまいて土と混ぜることから始めたらいいみたい。 土が「中和」されるそうです。 なにはともあれ980円の「くわ」と、あと「石灰」を買ってきました。 やりかた分からないし違うかもしれないけど、とりあえずやってみよう。 ONE POINT-わんぽ畑 こんな感じなのかな? と、写真一枚で過ぎ去ったこの過程も、石灰の袋をかかえてハーハーいってました。 やり方はとりあえず間違えて覚えよう。 いざ、混ぜるぞ。 ONE POINT-わんぽ畑 おぉ~・・・、・・・しんどい・・・。 途中で止まっているのは分かりやすい写真を撮るためではありません・・・。 もっと出来ると思ってました。 身体のなまりを実感します。 ばぁちゃんはこれをずっとやってきたのか・・・、石灰の袋もあんなに重い。 今でさえめっちゃ暑くてしんどくなるのに、夏はどうなるんだ。 ばぁちゃんはいっつも汗だくで帰ってきてた、僕はなんもしてへんかった。 ONE POINT-わんぽ畑 やっと終了。 途中何度も手をとめて、息切らして・・・、完全に農業をなめてたんですね。 あってるのか間違ってるのかも分からないけれど、ここからスタート。 ばぁちゃんからもらった「ネギ」と「小松菜」と「インゲン豆」。 次回は種まきだ! ONE POINT-わんぽ畑 へろへろで帰還。 写真を撮る元気もあるし、泥ヨゴレもまだまだだな。

フッター広告